アカルボースはダイエットの薬として利用する人がいますがもともとは糖尿病の薬として開発されました。これはトップページにも記載していますが、糖分を抑えるための薬で、アカルボースを服用することで、抑えることが出来るために太りにくくなります。

では、毎日の食事を意識して抑えれば太らないかというと、たしかにそうなんですが、なかなかコントロールすることができないために、太りやすい体になってしまうわけなんですね。

自分が日頃ご飯をどれくらい食べているかを知っているかはあまりわかっていない人が多いかもしれません。そのために、大量に食べすぎてしまい、お腹周りに無駄な糖分がついてしまいます。

茶碗いっぱいと言っても個人差があるので、実際に量を測って、自分にとってどんなものが良いのかを考えてから進んでいくことが重要になるはずです。

高血糖の改善には食生活を見直し、食べ過ぎを防ぐことが大切です。まず、気をつけたいのは体内で血糖に変わる糖質のとりすぎです。

ただし、全く取らないのも問題で、糖質は体の特に脳にとっては唯一のエネルギー源となるブドウ糖の供給源なので、年齢や体格、普段の活動量に見合う量をとる必要があるのです。

したがって、血糖値を上げないために糖質を控えるようにすることが大切。そこら辺はわかって入るものの、普段からの食事を上手くコントロールすることができずに、糖質をたくさん取ってしまい、太りやすい体になってしまいます。

1日に取る糖質の多くは炭水化物を多く含む、ご飯などの主食で摂取されています。では主食の適量とは毒くらいかというと、一般的に1色あたりの適量は成人男性でご飯200g、成人女性で150g、高齢者で100とされています。

このような基本的なことを考えてからしっかりと吸収しておくことが重要になります。