血糖値を下げるためにはアカルボースを服用することで、抑えることができます。急激な血糖値を下げれば、血圧を下げることにつながるために、糖尿病にもつながります。しかしアカルボースにも副作用があるために、できることなら薬の力を借りずに、普段の食事の中で、意識して血糖値を抑えることが重要になるはずです。

そのために最低限押さえたいのが、普段の食事の量です。とくに、毎日のように食べているご飯。と、勝手に決めつけるのもおかしいことですが、日本人の主食として、米であるご飯は必ず口にしていると思いますが、この米の量を意識して一定量を毎日吸収することで、血糖値を抑えることにつながります。

1色あたりとしては成人男性の目安が軽く2杯のごはん200g、成人女性は1.5杯のご飯量が150gです。

あくまでもこの量は、年齢や体重によってことなるために、詳しいことまでは記載することができませんが、食べすぎることだけには注意したいところです。

正しい得ることは、毎日の食事の中で食べ過ぎだけには十分に注意することです。主食のご飯は栄養満点ですが、食べすぎることで、糖分を取りすぎることで、血糖値を上げてしまいますので、普段の食事に十分に心がけておくことが重要になります。

食事の量を下げると、普段とは異なりもっと食べたいという気持ちも高まってくる恐れがあります。そのために、御飯の量は少なくても、他に甘いお菓子を食べてしまい、それが原因で血糖値が高まる恐れがあります。

そこで、一工夫としては一口に20回以上噛むという習慣をつけてもいいかと思います。ほんのちょっとしたことなんですが、口に入れた食物を何回も何十回も噛む運動を行うことで、脳内の一部に満腹感を与えることがわかっています。

それから、食事中や食後に水分を取ることも大切です。これは満腹感を与えることも大切なんですが、糖分を抑えることにもつながるために是非試してみてください。