個人的に食後にブラックコーヒーをちびちびと飲むことが大好きです。あの微妙な苦味が口の中で広がることで「なんだか幸せだな~」と感じます。

しかしながら、コーヒーにたくさんの砂糖を混ぜて、甘味にしてしまうと血糖値を揚げる虞があるために注意したいところです。

砂糖を混ぜることが悪いわけではありませんが、やはり量が多すぎることで、血糖値を高めるために、できることならコーヒーを飲む時はノンシュガーを美味しく飲みたいところです。

砂糖以外にも牛乳やクリームにも気をつけたいところです。ペットボトルや缶入りのものは成分表示を観て0カロリーかどうか確認したいところです。

昔と違い、現在では美味しい飲み物をコンビニや自動販売機で、いつでも安く購入することができます。

これは良いことだとは思いますが、その甘い誘惑により、甘いコーヒーや清涼飲料水を毎日のように大量に飲むことでペットボトル症候群を起こしてしまいます。

そこまでのどが渇いてもないのに、甘いものが飲みたい、最新の清涼飲料水を飲まなくてはいけないという症候群になってしまい訳です。

たしかに、私たち人間の体の中には水分を1.5から2リットル吸収することで体内のエネルギーを循環させることになりますが、水分と甘い清涼飲料水は少し異なります。

健康を考えるなら計画的な吹部を取ることが重要になります。